ソシム刊 1,512円。
http://urx.nu/hxBh

「エイムの研修」紙上ライブ第一弾!

営業所のマネジメントは、企業の業績を大きく左右する要。エイムの研修の中でも、1、2を争う人気プログラムです。営業所を最強の営業部隊に変える実践的ノウハウのすべてを7日間の研修形式で単行本にしました。新任の営業所長から、営業所長として結果が出せず自信喪失気味の元トップ営業、マンネリ気味なベテラン営業所長まで、皆さま、ぜひ一度、お読みください。

Kindleストアから配信。税込980円。http://urx.nu/cddM
すべてのスマートフォン、タブレットで読むことが できます。
Kindleストアで無料のKindleアプリをダウンロードしてください。
Kindle無料アプリをダウンロード http://amzn.to/1qkUHoQ

筆者から

これまで、いろいろなかたちで私の考え方や研修のやり方を文章にしてきましたが、昨年、電子書籍という形で初めて本を出しました。ある意味で私の一冊目の著書といえます。
この本で、私は自分の営業人生の足どりを振り返り、それらの体験をもとにたどり着いた究極の営業セオリー・RPDCIを説きました。そして、そのセオリーを肉付けする意味で、あしたからすぐに役立つ部下育成の20の習慣をまとめています。
筆者としては、営業マネジャーなら知っておきたいセオリー、知恵と工夫を満載できたつもりでいます。私が独自で組み立てた営業組織論である「RPDCIサイクル理論についてはかなりのページを割いて織り込みましたので熟読いただけると嬉しく存じます。
本書には日本でも人気の高い経営学者P.F.ドラッカーや心理学者ウィリアム・ジェームスなど話題の人物の逸話についてもふれました。ある種の経営学書としての価値もあるかと自負しています。

本欄では逐次、本書の一部を抜き出してご紹介していきたいと存じます。第一話として私の営業人生の転機となった「辞表事件」の顛末を転載致します。大学を卒業して入った内田洋行では不動のトップセールスだったが、ちょっとした縁でリクルートから誘われ、熟慮の末転職を決意しました。リクルートに35歳で入社してからのことです…。

(抜粋)

第一部 営業人生に悔いなし
スピード感の違いは文化の衝突だった 、

  …1年たった頃、全社の部課長研修が行なわれました。リクルート自身が開発したRODというプログラムで、自分自身の部課長としてのリーダーシップを振り返る。日頃の仕事ぶりを、自己評価と部下、上司の評価を事前に採点 […] 続きを読む»

TOPに戻る