しとしと梅雨は何処へ 2019年07月

日本列島、梅雨真っ盛りである。

しかし、昨年同様に梅雨と言っても名ばかりの梅雨だ。

「過去に前例のない短時間の猛烈な大雨」

「ゲリラ豪雨」

「過去に例のない梅雨入りの遅い西日本」

「早すぎる台風襲来、そして台風一過しても雨空の東京」

今や、しとしとと降る梅雨の雨は死語と化し、「ザァーザァー、ゴォーゴォー、」で表現するのが相応しい梅雨である。

けれども、僕にとっては、梅雨とは「しとしとと音もなく静かに降る雨」である。

思い起こすと、未だ舗装された道が少なかった小学校時代、友達たちと所どころに出来た水たまりを避けながら、飛び跳ねて下校したことが浮かんでくる。

なぜか、今でもあの水たまりのシーンが脳裏から消えない。

それで思い出した。

当時の東映チャンバラ映画での名セリフ「月様(幕末の志士月形半平太を指している)雨が!」ときれいなお姫様が傘を差し出そうとすると「春雨じゃ、濡れて行こう!」と、月様が応える。

これが当時の僕を含めてわんぱく坊主たちにとって、カッコいいセリフとして受け止め、登下校時に雨が降っていても「春雨じゃ、濡れて行こう!」と見栄を張ってずぶ濡れになりながら帰宅して、母親に「このバカ息子!」と叱られたものだ。

 

高校時代のことだ。

しとしと降る雨の中、何度目かの(笑)初恋の女子高生と駅に向かって歩きながら、柄にもない話題(数学の問題のこととか、クラシック音楽のこととか)で心をときめかせて歩いていると、向こうから相合傘の高校生カップルがやって来るではないか。

それを見た僕は「僕たちも相合傘をしょうか!?」とおずおずと申し出たのである。

すると「嫌です!」とピシャリと撥ねつけられた。

僕の何度目かの初恋が梅雨空に散った瞬間だった。

 

新人営業マン時代の梅雨の思い出はレインコートのことだ。

日々、飛び込み訪問の毎日だった。

梅雨に入ると毎日が文字通りの梅雨空で時折、強い雨も混じるがしとしと雨が続く毎日だった。

左手に営業バック、右手に折りたたみ傘を差しながらの訪問活動が続いた。

夕刻、帰社すると左肩、左袖がいつも濡れていた。

同期の1人が白いレインコートを買った。

そのコートが実にカッコいいのである。

そして如何にも仕事のデキそうなビジネスマンに見えるのである。

「○○、そのコートは幾らだった?」と尋ねると「これか、聞いて驚くな、2万円だ!」

当時の給料の半分近くになる。

「うーん、スゴイじゃん。よく買ったな!」○○はニヤッと笑いながら「実は叔父貴からの就職祝いなんだ」

残念ながら僕にはそんな奇特な叔父貴はいなかった。

梅雨空の街を白いコートを着て、アタッシュケースを右手に颯爽と歩く営業マンをイメージした僕は社会人1年目では実現出来なかった。

ちなみに白いコートを手にするまでに、それから2年を要した。

理由は簡単である。

無駄遣いの悪癖がそうしたのである。

自重自戒のシンボルとも相成った白いコートだ。

話を戻す。

しとしと降る梅雨は、それだけ心に余裕を持って雨の中を歩くことができた。

水たまりを愛でる余裕があった。

語り合いながら歩く愉しさがあった。

いろんな思い出、シーンがあった。

ザァーザァー降る梅雨には、それがない。

心もギスギスするはずである。

しとしと梅雨は何処へ。

 

  

一覧に戻る